HOME

現在、能登には74基もの風力発電機が建設されています。
さらに、環境影響評価が義務付けられている大きなものだけで、12事業176基もの風力発電機建設が計画されています。
世界農業遺産にも認定された「能登の里山里海」に、これほど大きく多くの風力発電機を建てることは、環境破壊につながります。そして、一度失われた環境は二度と元に戻ることはありません。

私たちは、先人たちが守り、受け継いできた豊かな里山里海を、未来の子供たちに残すとともに、
里山里海とうまく共生できるエネルギーとの付き合い方を模索していきます。